仕事中に歌を歌うってあり?なし? fromフィリピン


 

P1080379

 

はじめまして。ガイアックスの石川潤です。

ガイアックス・エイジア(GaiaX Asia Corp.)(※フィリピンに拠点を構えるガイアックスの子会社)を立ち上げるために2011年4月から2年強、フィリピン在住中です。

それまでは日本以外の国で働いたことはありませんでした。

2011年4月には、オフィスもなく、誰もいなかったのですが、すごく優秀なインターンの方や、僕を信じて任せていただいた本社の方々、優秀で僕の無茶ぶりを受けてくれたフィリピンのメンバーたちのお蔭で、50名規模の拠点になろうとしています。

オフィスで歌うのはいいこと

今日はフィリピンで働く中で、大事にしてきたこと、大事にしていきたいことを取り上げます。

突然ですが、ガイアックス・エイジアのオフィスでは、仕事中に歌を歌う事をOKとしています。
日本のガイアックスでも、明文化して歌を禁止しているわけではないですが、歌っている人がいれば、「変な人」と白い目で見られることでしょう。

たぶん僕も白い目で見ると思います。
でも、ガイアックス・エイジアのオフィスでは、歓迎です。

ちなみにオフィスの様子はこんな感じ。写真だといたって普通ですね、笑。

GXA_offce

 

歌を歌う事がチームにとって、+になる

フィリピンでオフィスを構えて働き始めた2011年7月頃、メンバーの1名が歌っているのを聞き、かなりの衝撃を受けました。

そんな人今まで見たことがなかったので。その後、僕より長くフィリピンにいる日本人駐在員の方々と話す機会があり聞いてみると、「確かに歌っている人もいるよね」や、「うちの会社では禁止らしく、上司が注意していたよ」とか聞きました。

なぜ、+なのか?

オフィスで歌うのはおかしいだろう、止めるように注意しようと最初は考えましたが、メンバーと話をして意見を聞き、もう一度考え直してみることにしました。

僕は今、生まれ育ったところとは違う常識の中で仕事をしている、今までの常識を取っ払ってフラットに考えてみるのが、違う文化圏で仕事をするために、いいチームを作るために必要な事なんじゃないかなと。

で、以下のように考えました。

<歌をOKとした場合>

メリット

  • 歌っている本人:ストレス解消
  • 周りの人:歌っているのをみて、和やかな雰囲気になる(周りの人もストレス解消)
  • 全員:一体感が出る
  • 採用時:リラックスしたストレスの少ない会社だと思われて、採用可能性が上がる

デメリット

  • 周りのスタッフの仕事の邪魔になるかもしれない
  • 歌っている人の集中力がその間、歌にいっているんじゃないかと日本人リーダーが心配になる
  • 日本人の来訪者がオフィスに来た場合、変なオフィスと思われる

<歌を禁止にした場合>

メリット

  • 日本人の来訪者が来た時に、歌が歌っている変なのと笑われることを防げる
  • 歌っている人の集中力がその間、歌にいっているんじゃないかと日本人リーダーが心配にならない

デメリット

  • 歌いたい人:禁止というルールに従って歌わないが、ストレス発散ができない
  • 全員:理由をうまく説明できないようなルールを作る文化ができる
  • 本当は心の中でどう思っていても、ボスに従って、おかしいと声をあげない文化ができる

以上のことから、僕が少しイライラするぐらいだし、日本人来訪者が来た時にはみんな緊張して歌わないだろうから、一日中歌っているんでなければ+だという判断をしました。最も気になったのは、周りのスタッフの仕事の邪魔になるのではということでしたが、どうやらそんなことはなさそうで、むしろ微笑ましく受け止めているようでした。それから1年半。一日中歌っている人はいませんし、オフィス全体にとって+に働いていると考えています。採用時にもストレスが少なそうで是非入りたいという事をよく聞きます。

フィリピンはストレスが一杯

フィリピンでいい会社ってどういう会社なのかと採用するときに聞くと、多くの人が安定的な(Stable)会社と同時に、ストレスが少ない、ということをあげます。

それは、フィリピンでは、いろいろな意味で植民地時代から今までストレスが多い環境が続いてきたからだと思います。

僕自身が気づくだけでも、多くのストレスが転がっています。

以下は、僕がフィリピンで生活する中で気付いたことです。(GXAオフィス関連のことばかりではないのであしからず)

例えば

  • 約束していた配達人が来ない
  • 交通渋滞で片道2時間以上通勤にかかる
  • 通勤途中で携帯や財布が盗まれる
  • お店に行っても、突然閉まっていたり、多くの商品が在庫切れ(Not Available)
  • オフィスが「計画停電になります」と3日前に言われる(仕事に支障が出ないようにがんばってます)
  • 家族が急に病気になって入院する(多分、食べ物や衛生状態との関係じゃないか)
  • お金がなくて途中で休学しないといけなくなる(らしい。面接時に聞きました)

それらのストレスの解消方法として、歌を歌うという事が日常茶飯事に行われているのではないかと僕は考えています。

今までの常識が正しいか、自分を疑いながら仕事をしたい

ストレスいっぱいの社会の中では、いい会社と思う観点が変わってくるので、それに合わせるべきだ。

また、理不尽にこういったものが日本の会社なんだと押さえつけないことが、ロジカルな状態を作り出すことにつながり、チームが正常に動くために重要だと考えました。

今いる環境の中で、今まで自分が生きてきた常識が正しいか再度考えてみる、現実を今まで生きてきた経験のみで判断しない、そんな風にフラットに常に考えるそんな習慣を持って仕事をしていきたいなと思っています。


関連記事